子どもの起こした問題・・・・

こんにちは、石川華代です。

今日は子育ての話題です。

うちの息子たちは小学校2年生と3年生。
お外で遊ぶのも
家の中でモノを作ったりするのも
大好きな子ども達です。

先日、私が補習校勤務で留守だったとき、
夫が子ども達と一緒だったのですが・・・・・
となりの人が怒鳴り込んできたそうです。

子ども達、隣家の敷地とその隣にある草地を区切る
石造りの塀をこわしてしまったらしい。

イギリスの石造りの塀って、
割ったさまざまな形の石を積み重ねて作ってあります。

その塀も古いものだったので、
道具も何もなしで、
子ども達の小さな手で石がポロッととれてしまった。

で、面白がって、いくつも石をとって、
壁に穴をあけてしまったんですね・・・。汗汗




その後、夫が、謝罪のお手紙を息子達に書かせ、
ごめんなさいと、隣人にあやまりに出かけました。

私も、帰ってきてからその話を聞いて、
息子達と色々と話をしました。


うちの子達、まじめな部類に入る子達なんですね。
しかも次男は、間違ったことが大嫌い。

隣人が怒鳴り込んできたのを見て、
自分が何か間違ったことをしてしまったと気づき、
そんな自分を許せなくて
肩を震わせていたとのこと・・・・。




でも、私は内心、この完璧主義な次男が、
こうやってトラブルを起こす経験をして
良かったと思うのです。

完璧主義な子に、
間違いもせずに大人にはなって欲しくない。
いっぱい間違いをして成長していって欲しい。


塀は、工事の人に来てもらって、
こちらが弁償することになります。

親としては、
ひえ〜〜予定外の出費が・・・
何てことをしてくれたの〜〜
って思いますし、
隣家の方にもご迷惑をかけてしまって
本当に申し訳ない。

でも、こうやって、間違いをしながら、
ひとつひとつ学んで、
成長していって欲しいと思います。




でも・・・、
私の命が縮むようなことはしないでね。(冷や汗)




今日一日でおしまいです。
インスピレーション 特別販売