家族で習い事〜〜楽器

こんにちは。石川華代です。

我が家では、すっかり楽器ブーム。
・・・って、始めたばかりなんですけどね。(笑)

ずっとやりたかった楽器を、
念願かなってやり始めた息子達。

長男はチェロ。
次男はクラリネット。

子ども達と一緒に、
私はチェロを、
夫はクラリネットを。


楽器を習うなんて、子どものとき以来です。

超ビギナーですが、
毎日少しずつ練習をして、
日々、ささやかですが進歩が感じられるのが嬉しくて、
超簡単なフレーズを繰り返し二人で演奏する親子。(笑)

長男がチェロで、次男がクラリネットというのも、
散々迷った末に決めたことですが、
長男が地に足つけるのにチェロが役立つように、
次男が、深く息をするのにクラリネットが役立ちます。


子ども達、
ちゃんと自分に必要なものを感じ取って選ぶのですよね。


まだまだ曲らしいものが弾けるには程遠いのですが、
練習そのものが楽しい。

楽器練習のプロセスが、
心魂の奥深くに染み渡ること。
なんだかとってもエーテル体を強めているなあ
・・・と感じるのです。

同様に、エーテル体を強めていると感じるのが、
ぽちぽちやっている硬筆の練習。

普通に、
お手本を見て書いてるだけなのですが、
いつもの字の癖が、変わっていく。
指から頭から目から身体に染み渡る感覚があります。




面白いなあ。

ほぼ同時期に、
楽器と硬筆をやる気になったのも、
きっと今の私に必要なことなのだろうなあ
・・・と感じます。



ぜーんぜん話が違うようですが、
こちら、
昨日子ども達と作ったフェルトボール。


フェルトボール

これもチェロの練習に使うのですよ〜。ふふ。

私用と長男用の2個でいいのに、
3人でワイワイと作っていたら、
こんなにできちゃいました・・・・。(苦笑)






手を使う。
芸術を通して心と身体と頭を育てる。
アート・クラフト・プログラム
(オンラインのプログラム)

インスピレーション通信講座
(アート・クラフト・プログラムのDVD-bookバージョン)