HOME > 記事 >newsletter no.18

e-waldorf newsletter no.18

シュタイナー学校の教室の色
2011.1.27

シュタイナー学校の教室の壁は独特です。
教室によって、違う色が壁に塗られているだけでなく、
そのペイント方法も特殊です。普通にペンキを塗る時は、
むらなく平坦に塗りますが、シュタイナー学校では、濃
淡やグラデーションのある「ラズール」と言われる技法
で壁が塗られています。

ラズール・ペインティングってどんなの?・・・という
方に、専門のラズール画家のウェブサイトをご紹介して
おきます。

Gary Chippendale
http://www.lazurepainter.com/

Charles Andrade
http://www.lazure.com/

うすく溶いたペンキを塗り重ねながら、その重なり具合
や濃淡を活かした画法です。

均等に塗ってしまったときよりも、部屋が生きているよ
うな、有機的なものになります。そのため、部屋の中に
いると、息がつまらずに、自由に息をできるような感覚
があり、のびのびとできるのです。

そして、均等に塗られたペンキの部屋では、壁が障壁で
あり、はっきりと区切られた境界線で、部屋の内と外を
厳しく区別します。それに対し、ラズールで塗られた部
屋では、色の濃淡によって距離感が近くにも遠くにも感
じさせる効果があり、はっきり一直線に区切った境界線
のような厳しさがありません。

人は、ラズール技法で塗られた壁に囲まれて、より生き
生きとできるのでしょう。

このラズールで塗られた教室の色は、学年によって違い
ます。

例えば、幼稚園ではピンク。幼稚園児のムードや、母性
に包まれること、それから生まれる前にいたお母さんの
お腹の中の色。暖かみのあるピンク色に包まれて、守ら
れながら、夢心地で幼稚園の美しい暮らしを送ることで
子ども達は安心します。

1年生になると、赤みが増し、それが、2〜3年生になる
と黄色が混ざってきて、オレンジ→黄色と変化していきま
す。

9歳の危機を過ぎ、世界と対面した4〜5年生では緑色で
す。

「緑は、光と暗闇の間でバランスのとれた色です。緑は
4〜5年生の年齢と調和がとれるのです。」
〜〜ヴァン・ジェイムス

光の中で、世界は美しいものと信じてきた歯の生え変わる
前の時期。世界は善であり、美しい。
そして、世界と対面し、自分の小ささに身をすくめる9歳。

思春期に入ると、世界の不合理なところ、悲しい出来事や
歴史に出会います。

その狭間で、光と闇の間でバランスをとる時期に、この緑
の部屋で学びます。

緑の後は、様々な種類の青が現れます。(6年生〜高校)

青という色は、思考を明晰にします。より深く考えるのに
適した色であり、思慮深さを誘導する色でもあります。
論理的思考の準備ができた思春期の頃、青の部屋で学びま
す。

最高学年が近づいた11年生、12年生になると、ライラッ
クや薄紫などの色を使ったりもします。

学校によって若干の色の違いはありますが、だいたい、この
ような色の変化です。壁の色は、その学年の子どもの魂の発
達段階に合わせた色を選ぶことで、学校でする体験をより深
める効果があります。

教室の色のことを考えていたら、気質のことが頭をよりぎま
した。

気質によってそのクオリティを表す色があります。

胆汁質 -- 赤
憂鬱質 -- 青
粘液質 -- 緑
多血質 -- 黄

子どもの気質に合わせて、例えば胆汁傾向の強い子どもを落ち
着かせようと思ったら、胆汁の色である赤い服を着せたり、部
屋の色を赤を基調にします。そうすると、子どもの中に、赤の
補色である緑が生まれて落ち着きます。

同じように、胆汁傾向の強い子どもの攻撃的な性格などを改善
しようと思ったら、落ち着いた粘液質や憂鬱質の子どもと一緒
に遊ばせるのではなく、逆に同類の胆汁質の子どもと遊ばせる
といいのです。

教室には、もちろん、何十人もの子どもがいて、4つの気質が
入り交じっています。でも、年齢に応じて、その年齢独特の
気質的な傾向があります。

歯が生え変わる前の子どもには多血(黄色)傾向が強いし、
思春期は憂鬱(青)傾向の思考が芽生える時期。
憂鬱傾向の視線で世界を見たあと、正義感に燃えて、胆汁(赤)
のクオリティと意志の力でもって、世界に向かって行動し始める
青年期。(青に赤が加わって紫に)

気質の色と、教室の色。やはり魂の成長段階に関連しているのだ
なあ・・・と、色のもつ性質の洞察と、その教育への適用の仕方
に、なるほどと思わずにいられません。

やっぱり、シュタイナー教育って、面白いですね。






e-waldorf inspiration 発行しました

e-waldorf から新しい本が発行されました。
インターネット上でワークショップを提供している
「オンライン・ワークショップ」の内容を、DVD付の本にまとめた
ものです。

http://books.e-waldorf.com/index.php?inspiration

inspiration volume 1
粘土造形1「球への変型」
粘土造形2「へこみのある形への変型」
フォルメン1「波の形の体験」(イントロ:オイリュトミー)
フォルメン2「円とへこみのある形のフォルム」
エッセイ1「純粋な形の粘土造形」

inspiration volume 2
ぬらし絵1「黄色の体験」
ぬらし絵2「黄色と青の体験」
エッセイ2「黄色と青の性質」
クラフト1「トランスパレントスターを作る」
ハンドワーク1「編み棒を作る」

大人の方にとっても、子どもにとって、学びと気づきの多い内容に
なっています。

ご注文/詳細は
http://books.e-waldorf.com/index.php?inspiration
までどうぞ。ペイパル/銀行振込でのお支払いを受け付けています。